イラストレーターのメモ

先日アマゾンプライムデーでAdobe Creative Cloudコンプリートプランのオンラインコードを購入しました! Adobe Creati…

私は点数が多いイラストを納品する時に、イラストの一覧を作って一緒に納品します。理由は、 担当者の人がPSDデータを確認できない場合がある(デザ…

イラストレーターに外注経験もある、イラストレーターの茅根です。 私はデザイナーとしてイラストレーターにお仕事を発注した経験もあるので、その経験を…

イラストデータを作っている時に私が気をつけていること、 デザイナーさんが扱いやすいように工夫していることをご紹介したいと思います。

最近ウェブ上でアップしている私のイラストにはウォーターマークを付けるようにしています。 ウォーターマークとは「透かし」という意味で、 画像の上に薄く「ⓒXXXX〜」のような文字を入れているものを見たことはありませんか? この上のような画像のようなものです。これがウォーターマークです。

イラストのお仕事を発注する方は、どうやってイラストレーターを探していますか? 私もデザイナーとしてイラストレーターを外注していた経験もあるので その時にしていた方法をシェアしようと思います。

お問い合わせで一番多いのがイラストの価格についてです。 イラストの価格は使われる条件や用途によって全然変わります。

イラストやデザインができること。 それは、情報をより伝えたい人に伝わりやすくすることです。 もっと広く、効果的にイラストを使って欲しいので、 ただかわいい、おしゃれ、飾りだけではない、イラストやデザインが持つ力をまとめてみました。

お仕事確認書を作成しました。 (今更ですが…汗) これはお仕事を始める前に、お仕事の内容を明確化するものです。 普段はメールでのやり取りが多いので、お仕事の条件など文でしっかり残ってはいるのですが、 検索する手間を省き、書面でまとめたらお互い確認しやすいし、間違いないかなと思い作成しました。...

なぜ手間もお金もかかる展示をするのか。 ざっくりとこんな理由で展示をするのだと思います。

さらに表示する